ブログパーツエステ

2010年04月26日

源太夫獅子

P4230249-RRR.jpg

P4230200-RRR.jpg  P4230259-RRR.jpg  P4230258-RRR.jpg

23日、なにかに誘われるように二上射水神社へ急いだ。
多分、9年前に死んだおじじがわしに知らせにきたんじゃないかと
思う。
おじじは、米島神社長を務め、二上射水神社は米島の本家で、
二上山をがきんちょの頃から駆け上っていたおじじには、二上射水
神社には特別の思いがあったんだ。
23日は寒かった、よねずまのおわわとともに14時から始まる祭礼
へ急ぎ、代官様のご案内に預かり、かんぽは、冷や汗吹き出しっぱなし
で、いっけんまっついの代官様には到底末代まで本家二上に向かって
足を向けて寝られない。
二上射水神社は、正一位越中国主一宮だ、 一宮は気多神社じゃないか
と言うが、大昔の一宮争いに、二上の檀家は、あほらしくて言い争いは
しなかった 「二上人」の気質が現れている。 

ただ、射水神社が一宮だというのは、はっきり日本書記、続日本書記にでてくる、天武天皇が1335年前にお供えをしている。
ところが気多神社についてはどの書物にもそれを証するものがない。
ただ、両神社とも、大化の改新後、同じような時期に創建されている。

22日に、山頂の神様(日吉)をお迎えし、代々頭役の山森家が案内し
同家に泊まられ、23日 院内神様とともに祭礼に降臨される。
そういえば、高校のクラブの後輩に山森ゆうのがいたけど、ひょっと
したら 頭役だったのか? もっと丁重に対応すべきだった、、、、。
射水神社の話になると、長くなるまた今度。


メイン 源太夫獅子(げんだいじし)、ご神体の先導役獅子

下左 本殿前の築山の祭壇、前に四天王、上座に天狗の神祭壇は
   二上山に向かって作られている、16時には解体される
   それは中腹の悪王子の逆鱗にふれないようにとのこと

下中 築山の前で巫女舞を舞う

下右 二上人の粋


posted by ハラショークラブ事務局 at 11:01| 富山 | Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ハナミズキ

DSC_0015-RRR.jpg

DSC_0002-RRR.jpg DSC_0018-RRR.jpg

薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が百年続きますように

僕の我慢がいつか実を結び
果てない波がちゃんと止まりますように
君と好きな人が百年続きますように

( ハナミズキ抜粋/一青窈)

posted by ハラショークラブ事務局 at 10:40| 富山 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

雨のオダマキ

P4150167-RRR.jpg

雨にけむるオダマキ、今春は寒く花のもちがいい、強風で何回も倒れているが、元気。 
菓子職人は、これをみてオダマキ餅を考えついたのかな、氷見に餅を買いにいかないと。

P4150176-RRR.jpg P4150173-RRR.jpg P4150178-RRR.jpg

左から、 3-4年使いまわしのチューリップ、なんでか名前は「お香代官」チューリップという、今年はほんま、花もちが良い。 
中央、 今年の一番バラ。
右、  ツツジが咲きだした、そうか そんな時期だな。

s-100415_151550.jpg

サイちゃんが15日によねずまのおわわのところで撮ってきて
くれた椿、、、。 サイちゃんは忙しい中いつもおわわの
様子を気にかけて寄ってくれる、息子以上に息子。 小1から
はや、半世紀の悪友の腐れ縁。 

posted by ハラショークラブ事務局 at 16:09| 富山 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

鬼岩温泉

s-100411_133357.jpg

土日に郡上八幡行ってきましたわーい(嬉しい顔)
お天気も最高手(チョキ)桜も満開ハートたち(複数ハート)とっても楽しかったです
るんるん宿泊は鬼岩温泉いい気分(温泉)の了山という、ちょっと隠れ家っぽい宿でした。
川を挟んで両側に建物があり、渓流の上を渡り廊下で繋がっている
素敵な所です。
でもオヤジの宴会とは無縁な場所なので、くれぐれも温友会は
ご遠慮下さいませねふらふら

 〜 まこ キスマークぴかぴか(新しい) 〜


posted by ハラショークラブ事務局 at 08:40| 富山 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

重くても軽井沢

s-100410_051911.jpg

s-100409_1645101.jpg

きんのから軽井沢にある会社の保養所レッドウッドハウス
にて研修会です。
朝、散歩してきました。高原の寒さは厳しい。

 〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜


posted by ハラショークラブ事務局 at 16:17| 富山 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

おらほうの桜

s-P4030133.jpg

s-P4030147.jpg

東京国立(くにたち)大学通りの桜です、先週土曜日(4月3日)の朝。
桜守の報告では4日に満開。
今は散り始めですが、まだまだ楽しめますね。
ここは今上天皇の誕生を祝し昭和9年に植樹され、年齢が70年ほど
になり、そのほとんどが現在 樹勢保存治療中。

このところ寒暖差が激しく、雪が降るような寒さだったり、
20℃になったり、 ニューヨークでは33℃とか、 どうも体が
順応しにくいが、歳か?それとも異常気候か? きっと両方だろうか。

posted by ハラショークラブ事務局 at 11:49| 富山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

夕方の古城公園

s-DCF_0042.jpg

僕からも古城公園の桜です 今日の夕方撮りました。
日本人は桜がすきですね。

 〜 イチ 手(チョキ) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 19:41| 富山 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古城公園からお早うございます。

100405_091224-RRR.jpg

今朝の通勤時に撮った古城公園の桜です。
今朝はどんより曇りなんであまりきれいには見えませんが、
夜はぼんぼりがお堀に映えてステキな場所なんです。
古城公園はまだ開花がバラバラでここ以外は5分咲きくらいです。
満開になったらカメラマン サイ様におまかせしますわーい(嬉しい顔)

 〜 まこ キスマークぴかぴか(新しい) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 10:03| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

古城公園の桜はこれからだよ

s-P4040927.jpg

s-P4040928.jpg s-P4040925.jpg s-P4040926.jpg

今日は好天にさそわれ大門から庄川を上流に右岸を走ったのですが、
未舗装あり北風と体力不足で20キロでおしまい。
土曜日なら五十キロは走ったがいけど。

古城公園は桜もまだまだながに人出が多かった。

建物の画像は、六渡寺にある、老舗 牧田組の本社ビル大正6年築。
平成13年「登録有形文化財」に登録された。
ルネッサンス様式、隅石に白い花崗岩、レンガ造りではなく、
木骨で木の躯体にレンガタイルを貼っている。 
左右対称の構造や、レンガや緑色の屋根の配色は旧高岡共立銀行
(富山銀行本店)の影響を受けたものとみられる。

 
  〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜 

posted by ハラショークラブ事務局 at 22:11| 富山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

遠くて近いサハリン

port kholmsk-.JPG

サハリンホルムスク港(旧真岡)の全景です、目の前が間宮海峡、
まだまだ寒いです、ここから向こうの大陸のワニノ港まで、フェリー
が毎日就航しています。
今年は、富に雪が深かったとのこと、4月下旬までは雪が残る。

P3250084-RRR.jpg  P3250090-RRR.jpg

左 ユジノサハリンスク市内風景、このときマイナス6℃でした。
右 ユジノサハリンスク空港ビル玄関
posted by ハラショークラブ事務局 at 16:45| 富山 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

風花舞

ss-P3260107.jpg

富山県内最大の書道団体、北陸書道院の選抜銀座展
(毎日新聞社など後援)が東京銀座の「東京銀座画廊美術館」
で23日から28日まで行われています。
もちろん、「選抜展」なので、われらが、書家E子先生の作品も
展示されており、サイちゃんよりのご下命により、老体かんぽは
体にムチを打ち(結構ムチが好き!)本日拝見に馳せ参じました。
ので、ご報告を。

s-P3260094.jpg  s-P3260101.jpg  s-P3260121.jpg

左 銀座の一等地で展示会、銀座でも老舗の名鉄メルサの入っている
  ビル、超一流。
中 1Fの案内板
右 ビルの8F,受付、受付の二名とも仲良くなりましたぁ〜
  なんとペギー葉山さん、佐久間良子さんからお花、ご両人も
  毎日書道会の会員で出品。

s-P3260123.jpg  s-P3260104.jpg  s-P3260112.jpg

左 さらに立派なお花が続く、代議士、KNB、北日本新聞、、、
中 E子書家先生の作品近辺、 入口入ってすぐ右。
右 会場内様子。

 
posted by ハラショークラブ事務局 at 20:44| 富山 ☔| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

万葉埠頭

manyofuto-RRR.jpg

祝日の今日、2時間ほど万葉埠頭までサイクリングしてきました。
行きは追い風、当然帰りは向かい風台風、体力の無さにガックリふらふら

 〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜
posted by ハラショークラブ事務局 at 14:52| 富山 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

数河高原の水のみ場

s-okuhidagensen.jpg

s-NEC_02691.jpg  

奥飛騨 数河(すごう)高原の水のみ場です。
奥飛騨に降り積もった雪が長年かかって地下に浸透し、再び
湧水となって地上に出てきます、それがこの水飲み場。
41号線沿いの水のみ場で美味しい。タダで飲ませて貰っています。
ワゴン車でポリタンクに汲んでいく家族も多いです。

----------
NEC_0273.JPG

久々に金曜日 「いっぷく庵」でのランチ。
そぼろ丼にコンビーフにキャベツの芯と大根が美味しかった。
竹輪とブロッコリー天ぷらと黒豆セットの日でした。

賎しいから食い物ばかりが多くてすいませんね。

いっぷく庵のママは親の介護もあり不定期に休みがありますが
是非ご利用を!

  〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 09:49| 富山 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ガクガク

DSCN0518-RRR.jpg

公演中の愚、相方はちび○子ちゃんやどらえも○に
出演する声優の大御所、愚の足はガクガク、、、

あぁ道は険し

posted by ハラショークラブ事務局 at 09:31| 富山 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

六文銭そば

s-NEC_0268.jpg

昨日は熊谷出張の帰り、小諸パーキング駐車場にて
六文銭そばと茄子おやきレストランでした。
竹輪で六文銭をあらわしています。
三途の川の料金です。

 〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 09:31| 富山 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

民宿あさひや

s-P3070920.jpg

イチ・ニシ・サイはhです、ということで、
相変わらず真面目な4人組(コンプライアンズ)で
氷見線で島尾駅までハットリ君列車で行きました。
氷見線は扉を自分でスイッチを押して開け閉めをせんながいちゃ。
初体験(青い体験並)でビックリ。

島尾の「民宿あさひや」(←クリックでHP)にお世話になりました。
あさひやは隣の組34Hの同級生で野口が経営しています。
天然温泉は阿尾から直送で寒い体には最高、野口主人の
ごっつおも最高でした。

次回はかんぽの好きな芸者を呼んでフィーバを画策。

  ☆ 酔っ払いサイ わーい(嬉しい顔) ビール ☆


   〜是非おいでをお待ちしております〜

           ◎民宿あさひや◎
     
           店主敬白 m(_ _)m

posted by ハラショークラブ事務局 at 20:57| 富山 ☔| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

青山善光寺

P2280024-RRR.jpg

実は、表参道から1-2分のところに、信州善光寺別院 善光寺がある、
家康時代の建立だから歴史がある。 かんぽは温友会で善光寺本院訪問以来、
甲府善光寺に行ったり、法然院、はたまた黒谷金戒光明寺、そして青山善光寺
、どうも知らぬところで法然上人へとお導きあるようだ。
かんぽは、表参道の新潟県産地直売館でおにぎりを買って、この境内で食べる
ので、おカネがかからない、意外とそれなりに生きていけるかもしれない。

P2280025-RRR.jpg  P2280026-RRR.jpg  P2280028-RRR.jpg

下左、本堂 下中 本堂より青山通りを臨む 下右 仁王門の像

P2280042-RRR.jpg  P2280033-RRR.jpg  P2280040-RRR.jpg

左 善光寺近所のエーベックス本社 浜崎あゆちゃんはいなかった
中 善光寺近所の 富士山溶岩浴だそうだ、 スベスベになるかな
右 ブルックスブラザース青山店、NY店とそっくり、わしには円がない

P2280037-RRR.jpg  P2280034-RRR.jpg  P2280043-RRR.jpg

左 不思議な立派なビル えらい儲けはったんやなあと思っていた
中 そしたら前に看板が、、公共の場所らしいが 中はカラッポ
  いったいなんなんだろ? どうも条例で銀行が供出したのか?
右 通りの先の建物がヒルズ なんとなく通りがアートになる青山。

P2280047-RRR.jpg  P2280049-RRR.jpg

左 ホテ○フロラシオン青山、立派なホテル、南青山一等地にある
  実は、 公立学○共済組合のホテルだけど、誰でも泊まれる
  結構安いから穴場だから わしの推薦。
右 南青山はどこを歩いてもアートだ
posted by ハラショークラブ事務局 at 11:40| 富山 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ニシン来たかとカモメに問うた

s-P2250004.jpg

s-P2250009.jpg s-P2250012.jpg s-P2250019.jpg

s-P2250021.jpg

小樽祝津(しゅくづ)港にある食堂の刺身定食、昔から通い
つめている、 なんとニシンの刺身がついている、北海道でも
ここぐらいじゃないかと思う。 ニシンの時期が始まっている、
今年は珍しく豊漁とのこと。

下左、その食堂 青塚食堂 この時期は強い風が吹き込みよく
   休みなんだけど、なんとこの日は満員でびっくり、
   ほとんどが中国観光客でした。
下中、前浜の祝津漁港、まだまだ寒い
下右、たわむれる鳥たち

下下、かんぽが久しぶりに訪れた 札幌のおっかさんの小料理屋さん
   のある某路地裏、こんなところに昔の偉人が通ってストレスを
   とってたんだな。

posted by ハラショークラブ事務局 at 11:10| 富山 ☔| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

須坂千体雛祭り

IMG_0001-RRR.jpg

IMG_0002-RRR.jpg

愚のFMで紹介された、信州須坂の千体雛祭りです。
ちょうど開催中なので、パンフレットをアップしました。
富山からだと2時間ぐらいでしょうか上信越道の信州中野ICから
すぐのところですので、是非一度! 千体は圧巻だと思います。

明日出張で早いのでこれで寝ます。 夕方コメントいれます。


posted by ハラショークラブ事務局 at 23:33| 富山 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ブルースカイ

s-P2200417.jpg

s-P2200419.jpg s-P2200423.jpg s-P2200409.jpg

寒いのに珍しく朝の疾走、朝は血圧が高めだけど、おそるおそる
コギだしたが気持ちがいいものだ。 雲ひとつない快晴、空と湖
の色が同化していた。 多摩湖にしては珍しく富士山が見えた
丘の向こう中央が富士。 途中であったサイクリストたった3名。

下左 望遠で富士山をとらえたが、いまいち。
下中央 コース途中の西武遊園地、ここもブルースカイ
下右 朝の光を受けて

posted by ハラショークラブ事務局 at 18:14| 富山 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする