ブログパーツエステ

2010年11月16日

CYCLEMODE2010 その4

s-PB060615.jpg

なんやったかいなぁ、そうそう、これはKOGA、もともとKOGAと日本の宮田が組んで作った
自転車、それがなんと良くある話で宮田工業を擁する森田グループは、
KOGA(オランダのメーカー)と今年8月やったか電撃離婚。 名ブランドKOGA-MIYATAは
消滅した。 10月からKOGAブランドで神奈川のジオライド社が売り出す。
何故か表にでないで隠れるように展示してあったバイクを撮った。 これからだ、頑張って
欲しい、別府選手が乗っていた姿を思い出す。

s-PB060633.jpg

サイちゃんが好きそうなフォールディングバイク(折りたたみ自転車とは言わない!)
ドイツの誰もが知っているフォールディングバイクの名車BD-1、横に金髪の姉ちゃんがいると
思ったら、マネキンだった、やっぱ自転車よりブロンドに目が行く、、ジュル!

s-PB060621.jpg

伝統のイギリスの名車ラレー社のランドナー(長距離キャンピングなどに乗る)

s-PB060674.jpg

発売以来売れ続けている、マビック社のビンディングシューズ ゼリューム、
何しろ空気みたいで軽い、これで¥4万、値段だけでもはや わしは墜落、27pを履いてみたら
ピッタリだった、買って頂戴なんてブログを読んでくれた黄味や白味に言いにくいし。

まだ、CYCLEMODE報告が続くのか? 問われれば言葉に詰まってしまうのだが。。。

posted by ハラショークラブ事務局 at 15:57| 富山 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オランダのKOGAをトップに持ってきましたが、結構オランダでは自転車王国やそうです、この前山でマウンテンバイクを乗っているぎゃあ人がいて、日本語で話しかけてくるもんやから、おみゃあ誰か?と聞いたら、オランダのマウンテンバイクをこれから日本で売りたいんや、と言っていました。

サイちゃんは、今日神戸だったそうです、タフやねえ、さむなったら自動的に血圧あがるから、わしら「血圧かましい温友の会」としては危険水域でごわす。

わしは今晩内科の医者に心臓先生の診察結果の報告しにいったら、寒い間は海外出張は出張あきまへんと言われました、医者つ〜のはなんでも好き勝手言うもんや、自転車は?というから はい、そこらへん乗っていますと言ったら、結構結構だと。
医者はそこらへんというのは、ママチャリで家の周りぐるぐるやと思うとるみたいやし。
よねずまは寒いが別に外国でもにゃいし。
解釈と言うのは拡大解釈という言葉もありやとおもうがです。
Posted by かんぽ at 2010年11月16日 20:40
明日ボジョレーヌーヴォの解禁日です。

以下 ボジョレーヌーヴォワイン委員会の正式コメントです、今年のボジョレーヌーヴォの品質コメントです。

--------------

並外れて素晴らしかった2009年ヴィンテージ(年物)の後、2010年のとキュヴェ(発酵漕のワイン)は、将来人気がでることを予測させる。
2010年ヴィンテージには、繊細さと力強さの中に、際立った果実味(キイチゴ、カシス、スグリ)
が支配的な、ガメイ種の典型的な特徴が見られる。

****2010年のボージョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月18日(木)です***

ーーーーーーーーー

要するに、今年のボジョレーヌーヴォの味はよりフル―ティらしい。
飲めない痩せ犬の遠吠えです。


Posted by かんぽ at 2010年11月17日 17:02


ああ時の河を渡る船に

オールはない 流されてく


もう一瞬で燃えつきて

あとは灰になってもいい



(Wの悲劇抜粋)
Posted by かんぽ at 2010年11月18日 08:54
おわっちゃ、姉ちゃんヌードなら興味あるけど。ワインよりボインとか。
しかし、自分でもスケベやなと。
先日、食堂喫茶店で70歳すぎのじいさんが週刊大衆を開きながら胸ポケットからメガネ出したと思ったらペーパーナイフ出して織り込み写真を見るために切っていた。すごいスケベ根性。

古来より英雄エロを好む。
Posted by サイ at 2010年11月18日 20:44
飲んだぞ飲んだぞ、ボジョレーヌーヴォ
ボジョレー委員会で今年金賞をとったワイン2社のうちの1社のPOULET PERE & FILS プレ ペール エ フィスの赤を飲んだ、かなり相当、馬勝った。 写真は 右のサブ画像にアップ。
Posted by かんぽ at 2010年11月18日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック