ブログパーツエステ

2010年10月29日

台風に揺れるコスモス

s-20101019152900cosomos.jpg

わが村の国立昭和記念公園のコスモス畑です、秋桜とはうまいこといいます、
山口百恵さんの歌を思い出すのはおわだけでしょうか。

台風14号が接近しています、予想よりややコースを東寄りにとり、
本州の東側を通るようで富山直撃はないようですが、勢力が大きく関東は ちょいやばく、
コスモス畑もちょっと心配。
季節外れの台風ですが、気温がまた低下するんですかね あちこちで クシャミを
している人をみかけます、最近気を付けて就寝時の温度計をみているときんのより
6℃も低い、なんていうことがあります、どうぞ気温に気を付けて体温調節して下さい。


posted by ハラショークラブ事務局 at 14:14| 富山 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯電話とか先端技術につかわれるレアアースがチャイナからストップされているとかで騒いでいますが、あんなものはどこからでも輸入できます、ただ今までチャイナの価格が安いから買っていたわけで、マスコミがワイワイ騒ぐのが理解でけません。 そりゃ安いにこしたことありませんが、
天狗になっているあの大国には弱ったもんです。
やはりわしが思うのは、どうも文民と軍人の溝が明らかにあると思います、これがコントロールきかなくなってくるとかつての戦前の日本です。
現在チャイナにおける、反日運動というのは、反日に名を借りた反政府運動です。 反日と叫んでいれば、摘発できない政府の痛いところをついたやり方です、チャイナ市民はそんなにひどく日本を毛嫌いしていないし、ましてや問題の島は、人も住めないような島で、チャイナ市民が固執するようなもんではありません、日本人でさえあの島はどこらへんに位置しているのか知らんもんがほとんどでした。 しかし誰がどう考えても、人の家の庭を指さしてあれは俺のだというのは狂気の沙汰としか言いようがありません、ようするに人のものを盗って占領したら盗ったもんの勝ちというやり方理解不能です。 島というよりも石油の利権です、石油というものは人殺しまでにも発展します、イラク戦争ももとはといえば石油の利権です、だから米も必死で戦いました。
第二次世界大戦の日本参戦も元はといえば、石油をとめられたからです。
とにかく車がすべてハイブリッドになって、すべての家の瓦が太陽電池になることを祈らんばかりです。 わしは夏アスファルトがひどく熱くなるのをみて、あの熱をエネルギーに変換でけんかと思っていますが、そんなアホなこと考えるのはやっぱわしがパボながですかね。


Posted by かんぽ at 2010年10月29日 15:20


おばさん「こんにちは、今日は忙しくなりそうですか?」

おじさん「ああ こんにちは、神様のお許しがあればね」


Posted by かんぽ at 2010年10月30日 15:47

台風 房総を かすめて 暴走

愚のFMば、FM暴走局

とかなんとか言っていますが、サイちゃんはこの台風のなか、福島へ出張の帰りだそうです
忙しくてぼうそうもない ちゃうちゃうどうしょうもないらしい
明日は19℃になるというが、ほんまかな


Posted by かんぽ at 2010年10月30日 19:38
昨日は台風の影響で高速道路も少し空いていたらしいです。旧の会社の人間のプリウスに乗せてもらったので楽ちんでした。
福島県の白河インターから20分(塙町)まで行ってきました。帰宅は9時半だったから順調でした。

北関東自動車道がもう少しで接続、恩師N先生の娘さんの住まいの太田市を通過してきました。

今日は雨模様で台風一過と行かないかんじ。
Posted by サイ at 2010年10月31日 07:30
日曜日は江戸も台風が去ったというのに雨雨でした。
体調もいまいちで、天候のせいでしょう。

姜尚中先生の、本「母」集英社刊を読んでいる。

寒くなってきたので猫たちが丸くなっている。
もう明日から11月だ、来年のカレンダーも届きだした。
Posted by かんぽ at 2010年10月31日 22:55
やっと昼になって陽がでてきました。

尖閣の例のビデオが議員限定で公開されたそうです。
なぜこのようなモノが大騒ぎになるのか理解できまへん。
先日の前原外相、枝野代理(党内では幹事長代理は“代理”と呼ぶ)のあからさまなチャイナ批判は、誠に醜く閉口してしまう、チャイナの挑発に乗って、目には目をで、同じ批判をやりかえすのは幼稚園児のくちゲンカにも劣る。

チャイナ政府や市民は日本国が間違ったことをいわないのは知っている、あるいはビデオでチャイナに非があるのはあきらかというのもチャイナ政府はわかっている。
問題は、それをどう迅速に日本政府が処理してチャイナの顔を立てて相互互恵関係にもっていくかの問題で、それは相手が共産国であるのと、チャイナの国民性を考慮し やり方を間違ってはいけない、再度くどいことを言えば、日本国はウソいわない、真っ当だと、間違っていないのをチャイナはわかっているのだから、日本は論語の国にためされている、チャイナは正論では前に進めない。

さて、最近ようやく、スマートフォンに慣れてきた昨今ですが、なにせダントツ売れているアップルOSのアイフォンを買わず、アンドロイドOSのドコモエクスぺリアで走っておるのですが、すでにアメリカでは、アンドロイドOSがアップルのアイフォンを追い抜きシェアを更に拡大しており、事実アンドロイドは毎日のように無料アプリが増え続けて結構おもろい。 携帯ではアプリとか、着メロとか毎月有料になるやつがスマートフォンの無料アプリで音楽・着メロ何をダウンロードしても無料でいける。 CDが売れなくなるはずだわ 

ホタテが壊滅状態になっている、タウリン豊富で、心筋を丈夫にするホタテがこれじゃわしの命もやばい。
ホタテは、水温23℃を超えると育たないというか死ぬ、今年の青森など産地の夏の海水温が26℃になり、養殖のホタテが大変なことになっている、最近はチャイナのベビーホタテも出回っているが、絶対に買わない、かなりの抗生物質で育てており、ウナギ・エビのマラカイトグリーン(抗菌剤=発がん性物質)をチャイナで使いまくっていた通り、危ないもんです、この薬を使うと水産物の死ぬ率が極端に減るのでチャイナでは使いまくるわけです 間違っても安いからといってチャイナ製の食料品を買ってはいけまへん。 輸入の際日本の食品検査をしているから問題ないと言う人もいるが、検査なんか輸入の数%抜き打ち検査しかしていないんです。
まあ自分でスーパーでチャイナ製を買う人はあまりいませんが、実は外食産業で使う食材は大半が輸入ものです。 氷見や新湊の魚を食べて、まこ姫さまや代官様のおやちゃいを食べるのが◎です。




Posted by かんぽ at 2010年11月01日 12:52
これからは、越中は雷の季節です、雷が鳴って急にパラパラっとアラレが降って一段と気温がさがったりします。 うちのばあちゃんはカンナリが嫌いです。

雷が光ってから音が鳴るまでの秒数を測れば雷までの距離がわかります。

気温10度の時、雷が光って、6秒後に音が鳴ったとした場合。

雷の速度(m/秒)=331.5+0.6x気温(℃)の公式で

337.5m/秒になります、 6秒かかったわけですから、

337.5m/秒 x 6秒 = 2,025m となり、

雷までの距離が約2kmということになります、

そやからといって、いったいどこに逃げるというのでしょうか? よねずまの場合は、中パに避雷針があるので、あっちゃのほうに落ちるとは思いますが、こればっかりはわかりましぇん。
Posted by かんぽ at 2010年11月01日 15:52
母の瞳 (八木重吉)

ゆうぐれ

瞳をひらけば

ふるさとの母うえもまた

とおくみひとみをひらきたまいて

かわゆきものよといいたもうここちするなり

----------------

現在、サハリンでは3℃雪、ハバロフスクでは0℃雪、極東ではすでに長い冬に入っている。
Posted by かんぽ at 2010年11月02日 09:33
TPP(Trans-Pacific Partnership)
和名:環太平洋戦略的経済連携協定
環太平洋の加盟国間の関税撤廃をめざす協定

EPA(Economic Partnership Agreement)
和名;経済連携協定
経済条約のひとつ。自由貿易協定(FTA)を柱として、関税撤廃、経済取引の円滑化など経済領域での連携強化・協力の促進を目的。

FTA(Free Trade Agreement)
和名;自由貿易協定
は、関税等貿易の障壁の撤廃、自由貿易地域の結成を目的とした、2国間以上の国際協定。

最近、TPPとか、FTAとか騒いでいるので語彙を列挙してみた、 しかしこれはなんで環太平洋かというと、ようするにユーロ圏に対坑したもの、
わしからすると、これは問題であくまでのWTO(世界貿易機構)中のGATT(関税及び貿易に関する一般協定)の問題として議論すべきで、WTOもGATTもすっとばかして、田んぼにわき出た温泉みたいに貿易管理令も勉強しとらん代議士がTPPとかFPAとか議論するのはアホやとわしは思うがです。

貿易人としてのわしの考えは基本的にはすべての関税は撤廃すべきですが、やり方の問題です、やり方を間違えると小泉改革みたいに血の垂れ流して失血死します。

明日は祝日だそうです、文化の日やから自転車にのったらバチがあたるがです、じゃ本を読もうかと思ったら読書の日でもないがですが、じゃ花木に肥料をと思いましたが緑の日でもないし、文化の日は、文化包丁で料理をすれば体裁がとれるがかもしれません。 あぁ包丁ですか、愚は今日もFM包丁です。
Posted by かんぽ at 2010年11月02日 14:56
天気は悪いし(晴れが皆喜ぶとはかぎらないが)大洋ホエール図は売られる寸前。住生活グループ(トステムイナックス)の住のヘンを見まちがえて性と勘違い。
良いことないね。

朝から雷鳴っていた。

マコさんの応援候補は受かったがかね?
Posted by サイ at 2010年11月03日 07:03
正確な夢を見た、それは夢と言うより思い出を正確に夢で思い出した。

わしが小学4年の時、小学1年〜3年の時担任だった沢本先生の自宅へ行ったことがあった、その時のことだ。
場面は村の同級生 こけしのあだ名があったまさひこ と二人で沢本先生のうちへ遊びに行こうということになったところから始まった。
先生の家は高美町、開発したばかりの町で、米島からみればはるか丘の上、先生の家はどこかわからんが、高美町らしいと二人で歩いて探しにでかけた。
あのときの、その思いとはなんだったのだろうか?
4年からの担任は、津幡先生といって、全く尊敬されない先生で まさひこも わしも 4年生ながら沢本先生をどこかで求めていたのかもしれない。

高美町は遠かった、しかし昭和36年の高美町は開発されたばかりで家も超少なく、沢本先生の家をみつけるのはたやすかった。 表札をみつけてここだと思ったが 入れない、入ってどういうのか言葉もない、先生を頼っていた自分の心など知るすべもない。
二人が玄関に尋ねられなく時間が過ぎたが、わしが玄関先でのろのろとしているのをみかねて、まさひこが家の裏手にまわり遠くから家をのぞいてしまった、そしたら沢本先生の旦那にコラッとしかられてしまった。
まさひこは、逃げたが、わしは玄関先で立っていた、何かを先生に訴えたかったが何を訴えたかったのかわからなかったのだ。 沢本先生はわしを迎え入れ、 100mぐらい駆け足で逃げていたまさひこも迎え入れた。 
まさひこは昔からバカで臆病だったが、その明るいキャラクターは受けた、もっともあいつがいたから高美町まで行けた、わし一人だったらとても尋ねる勇気もなかったろうに。
まさひこは、次男坊で、でかくなってどこかへ婿に行った今頃はどうしてるのか、会ってみたい。 まさひこの家は根っからの田んぼ百姓で、典型的農家のでかい家で、玄関に土間があり大きく、家の中は電燈一つで昼でも真っ暗だったのを覚えている。
さて、先生の家にあがって、なんも話をした覚えはない、覚えはないが まだちっちゃい娘がいて、考えてみればいまの長女やな、わしが小2のとき長女が生まれたさかいに当時は3才になるかならんかの時分。 長女、まさひこ、わしの3人で絵を描いたのを覚えている、長女が絵にお陽さまを描いて、わしもそれをマネしたが、小4にしてはお陽さまを描くのはアホで、かなりはずかしい思いをした、先生は3人の絵を記念にタンスのここにずっと仕舞っておくからねといってくれて、
なんか先生に何かを訴えたかった自分の心が収まったのを覚えている、そのあとのことは覚えていないが、50年経ったいまでもその場面は忘れない、忘れないどころかきんの夢の中でも正確に思い出が再現された。
沢本先生の旦那とは、高校に入学してから再会した、授業ではあったことがなかったが商業の教師をしておられた。 わしが高美町でしかられてから、わずか6年後だった、先生の旦那もいまは亡く、風になられてしまった。
先日サイちゃんの勧めで高美町の先生の自宅にいったら鍵も掛けないで留守だった。 あとでサイちゃんと電話したら疲れて寝ていたそうだ、まだまだ心の支えの先生はおばあちゃんだけど健在で、とてもうれしい 人間の心とは不思議なものだどんな大金よりもこんなのがとてもうれしい。
Posted by かんぽ at 2010年11月03日 09:36
あの訪れた日も先生は世界平和核軍縮の署名運動に行っていたと聞き、頭が下がりました。
おわみたいな口先と実践している先生の違いは大違いで尊敬できる恩師です。

カンポヤンは昔から冒険心旺盛やったがいね。

雨でダラケテ猫とたわむる一日か?
Posted by サイ at 2010年11月03日 09:58
サイ様ありがとうございます。
おかげさまで2位当選されました!
とってもうれしいんですが・・・
実は先週から今週にかけて、信じられない事が起きました。
先週の月曜日に、かねてより入院中だった叔母がなくなり、木曜日に葬儀を終えた・・と思ったら、その叔母の葬儀に元気な様子で参列していた大阪の叔父が土曜日に心不全でなくなりました。
1週間に2度の身内のお葬式はなかりこたえました・・
二人共大好きだったから本当に悲しいです。
でもうちの親も82才と78才。
いつ何時お迎えがきてもおかしくない年になりました。
自分自身も親達を順番に見送って行く年代になったんだと改めて実感しています。
Posted by まこ at 2010年11月03日 10:23
まこ姫さま 大変だったですね
あの世に連れていく とはよくいったものです
岩手の義母は三回忌になりますが、 義母が逝った時、おじが、後ろ振り向くなよ、振り向かないでまっすぐ三途の川渡れよ、と拝んでいました、
あれはどういう意味かと聞いたら、
振り向いたら必ずだれかを道連れにするから
続けて誰かが死ぬんだと 言っていました、
義母が亡くなって翌年に、甥が亡くなりました、
義母は、逝くとき寂しくてきっと後ろを振り向いたがでしょうが、人間の悲しみのストレスというものは死ぬこともありです

よねずまのばーさんが言うには、約束やちゅが、、と

先週四方のわしのいとこの親が亡くなりました、それでうちのばあさんの兄弟も弔いにいくことに
なったんですが、うちのばあさんもこの前のケガでしかも88歳、わしはやめとけやめとけといいましたが、葬式にはでんなあかんという、
高岡からまだ90の伯母も参列予定、
とんでもない 連れていかるっぞと 言ったが でんなあかんという。
やがて 布目の本家から連絡あり、高岡のもんは、今回こんでもいいことにしましょうと、、
それでいいがです、これから 1-3月は葬式と法事の、真っ盛りです 生きとるもんが大事です無理して葬式にでて連れていかれるのは必至です、まこ姫さまも、ご両親に冬のお参りなんぞはヨシコさんにしておきましょう、命は一度落ちたら拾うことはでけしません。
それから、ストーブの時期ですから火事がボチボチでてきています、
仏壇のろうそくやお線香はやめて、電池式にしましょう、お線香やロウソクで全焼にでもなったら大変です、県内毎年これで火事になっています。
東京は珍しく快晴になりました
Posted by かんぽ at 2010年11月03日 11:31

明日の朝 神様がいらっしゃるよ

涙の跡を癒すために

血が流れた草原に

血が流れた草原に



Posted by かんぽ at 2010年11月03日 15:16
マコさんも選挙に葬儀に波乱な日が続いていますね。縁起悪いけど、不思議と続くとか。

家でだらだらして、テレビ見ていたら催しが多かったがやね。収穫の季節でメタポになるわ。

カンポヤンのおふくろさん姉妹は元気で仲良しで良いちゃ。
Posted by サイ at 2010年11月03日 17:03
なんやら東京駒沢でラーメンイベントがあったらしい

去年ブレークしたのが、小杉にある麺家いろは、のブラックラーメンが全国的に有名ながいと、わし全然しらんだ、サイちゃん今度つれてってくりょ。
Posted by かんぽ at 2010年11月03日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック