ブログパーツエステ

2010年10月09日

高山のへっめし

s-101006_120256.jpg

6日に高山へ行った時の へっめしです。 同日は天気も良く、風爽やかでした。

丁度この週末、秋の高山祭で人でごった返すはずでしたが、あいにくの雨。

店は、桜の名所として知られる宮川河畔の桜野公園内にある焼き肉店「桜華苑」。
肉を使ったランチには力を入れており、牛カルビや豚ショウガ焼き定食など、
ボリュームたっぷりのメニューが人気。

中でもお薦めなのが、創業以来25年間続く長寿メニュー「桜華苑定食」(写真)。
豚肉、タマネギ、シイタケ地元食材、しょうゆベースの自家製たれで
いためて熱々の鉄板で出てくる。 店主自慢の定食! 

 ランチは午前11時から午後1時30分まで。
 ご飯、みそ汁、サラダ、漬物が付いて平日は700円。ほかにも9種類の定食がある。


 〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 18:18| 富山 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国府の宮川沿いの食堂です。
おつゆは赤みそに漬け物と血圧が高くなるわけです。鉄板焼きにトントロと野菜がたっぷりある、桜華苑(オウカエン)定食、700円です。
高山の手前ですがここも高山市内です。
冬は薪ストーブのある店です。
Posted by サイ at 2010年10月09日 18:41
みているだけでもおヨダレがたれてくる。

サイちゃん、赤だしは、味の割にはそんなに塩分高ないらしいよ、かえって赤だしは抗がん効果が大きいそうやよ。

江戸は、ずっと雨、夕方になり大雨になってきた、明日まで続くらしい。 夏の日照りで蒸発した水が一挙に空から降ってきた ゆう感じかね。

風邪がだいぶ治ってきたが、なんやらときたま頭が痛くなる、脳梗塞ながかなぁ

考えてみりゃサイちゃんも、いっつあんも、わしも、 麻雀はしない、ゴルフもしない、タバコも吸わない、吸うのはチチだけだ(バキバキ)
酒も泥酔いするまでは飲んだことがない、もっとも今は飲まないが。
自転車だけは飽きずにみんな乗っている、
わしも一台そろそろ高岡に常備しなくてはいかんと思っているが、よねずまにいるときは雨とい直したり、網戸を直したり、雪かきしたり、考えてみりゃ乗る時間もないというか、東京から着いただけで、次の日もお疲れ気味で、陽だまりで まったりでめいっぱいだ。 これから帰郷するときは、1週間単位で帰らんといかんと思うがどうなるか、ばーはんがもしものことがあっても、みんながいるからやっぱり、いつでも帰りたい。
Posted by かんぽ at 2010年10月09日 18:51
わしは18の時の10月のちょうど今頃 東京に出て採用試験を受けた、そのときの会社の専務の面接で拾われたのを以前話しましたが、入社してからの担当役員U氏が木材部長、機械部長を兼務していた人でのちのちわしの生き方・考え方に大きな影響を与えた。 
U師匠は通産省本省から来ていた人でひどく頭が切れ者で、しかし面倒見がよく自称仏のUと言って、ほんとその人間的温かさがわしには生涯勉強になった。
入社してあとで知ったことだけど、U師匠は、わしの採用前に、母校の高井先生とも会い、身上を調査していた、また母校の実態も当時県庁所属の富山◎貿易協同組合の塚田専務理事からも情報をとっていた、そして驚いたのが第三者の意見として、当時の高岡区検察庁検事とも面談されていた。 検事は背の低い人で検事の大きな椅子にすわったら足が下に届かずミカン箱を置いているんだよと のちのち教えてくれた、師匠は検事の友人だったのだ。 そうした上でこれもあとで知ったが入社して身上の興信所調査もされ、入社して半年後 突然総務部から 採用通知が届いた、わしはなんだろ? 今頃と思ったが給与が替わるわけでなく、ただの一枚の通知だったが 商社の社員になるというのは大変なんだと思い、さて辞めて実家に帰る時はどうすりゃいいんだと頭をかかえたが、 いまはもはやただ心臓疾患の自転車おやじやが

Posted by かんぽ at 2010年10月09日 21:47
カンポヤんのリサーチには脱帽。
写真で見るとサラダがなく、豆腐がついている。
わしはここがいつも空いているし、写真雑誌のフラッシュの写真見て食っています。
歳とると字が見えずらいし写真で丁度。

豆腐ステーキも美味しいよ。

おわは高校出てぼーと37年間、楽していたが昨年は転覆、土左衛門寸前を前社長の口利きで今の会社、救命浮き輪にしがみついている状態です。
Posted by サイ at 2010年10月10日 06:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック