ブログパーツエステ

2010年08月26日

母のこと

IMG_0002-RRR.jpg

母は睦子という、知らない人は、ムツコと呼ぶが、
母の父君が、睦子と書いて、チカコと名付けた、近所の人はムツコムツコと呼ぶが、
わしは、なんでチカコなのか?と祖父に詰め寄ったことがある。
祖父は、支那の言葉で「睦」というのは、親睦という意味で、お互い誓うということ、
睦(ちか)いあう意味から、睦子(ちかこ)と名付けたと言っていた、あと
漢文のなんとかからも引用し言っていたが、わしにはさっぱり理解不能だった。
親睦の「睦」でちかい合う子、これで今年米寿なのだからやはり祖父の命名は正解
だった。 母の姉(わしの伯母)は90になるのに広小路でこれまた おふくろに輪を
かけたくらいにお元気だ、名が 「孝」という、たかし ではない、これ一文字で 
タカコと呼ぶ、これまた難解な命名をしたものだが、長寿で、祖父の命名は大正解だった。

この写真は大牧温泉じゃなかったかと思う、窓の下は大きな庄川でとても怖かった
のを覚えている。 母とは30違うから、この頃の写真は母が33歳ぐらいか?
母は、大正12年生まれ、富山市倉垣村布目(今の富山市布目)に住んだ、当地は八町米で有名。
出身の倉垣小学校は今もあり創立137年、同窓生では一番古いらしい、地鉄の電車駅八町駅で
切符切りをしながら和裁を習っていた、もともと祖母(キク)は和裁の先生をしていて、
母もまた和裁の先生をやっていた、つい最近まで和裁の仕事をしていた、
そのためかボケないのかもしれない、
よねずまに嫁に来てからも和裁の教室を開きながら田んぼをやり、
この写真のころから下駄屋をやりだしていた。
この頃から50年以上、あっという間だった、アッと言う間。

親不孝ばかりでなんもできんが、せめては親より先には死なないようにはしたいのだが
どうしたものか。
posted by ハラショークラブ事務局 at 11:55| 富山 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑さのせいだろうか、恥ずかしげもなしにおかしな写真を載せている。
来月が、市でばーさんの米寿のお祝い会があるらしい、顔をだしたいが。
ばーさんの風邪もサイちゃんの薬のおかげでだいぶよくなったそうだ、念のため伏木病院で無敵の点滴やったからもう大丈夫やと言っていた、昔は注射は絶対いややとゆうとった人が、よう頑張っているわい。

民主党がゆれている、わしからすれば無策の空きカンよりオザワさん、この際ガッツリ日本丸を引っ張って早く再生さしてくれと思う。
鳩さんが支援するという、しかし小鳩には後継者がいない、空きカンには前原も岡田も枝野もいる次がいる。 今の難局をとにかく乗り切ってほっしいが。
前原は、代表選で敗れたら政治生命は終わりだといっていたが、それならカンはすでに昔敗れていたんじゃないかなぁと思ったり。
とにかく、円高・株安対策なんもしない、景気対策なんもしない、ノロイのではなくなんもしない、こんな首相はイランと思ってしまう 夏休みモードじゃあるまいし、外国にいるわけじゃあるまいし日銀総裁に電話?アホか、官邸ですぐ会議すりゃいいやろ、やる気がないのが見え見え、代表選だけが心配らしい。カンよよくカンがえろ。

Posted by かんぽ at 2010年08月26日 12:26

木曾路はすべて山の中である。

あるところは岨(そば)づたいに行く崖の道であり、

あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、

あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。

一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。

-----------

(島崎藤村 夜明け前 抜粋)

夜明け前は、藤村が57歳の時の作
Posted by かんぽ at 2010年08月26日 16:27
風邪ひいてから医者の薬を5日ぐらい飲み続け、いくらなんでもそろそろ薬やめんといかんと思って
やめたが、やめる2日前ぐらいから咳が止まらず、最近になってようやく落ち着いてきた。
体調は悪くないがきんの夕方から頭が重く、ちょっこしやばいかなと思ったが今朝はなんともないようだ、
ただ咳のしすぎの後遺症か今頃になって唾をのっこむと喉が痛い、なんだ?薬やめたからか そろそろ治ってほっしいが、やっかいな風邪だ。
愚は治り傾向だが今回の風邪には商売柄苦労していたようだ、まあバチだな。
しかし喉いうもんは大事やな、サイちゃんがこのまえの冬声がでないと大変やったがなるほど こーいうことやったんかと しかし夏風邪に片づけられないな、 この風邪の菌一体なにものなんだろう? 
猫にはうつらんみたいだ、ラブちゃんにほおずりしても迷惑そうにはしていたが、みゅー君は、気が付いたら このクソ暑いのにいつもわしのフトコロで寝息をたてている、風邪の「か」の字もない 涼しい顔をしている。 おまいら猫どもは、日ごろの恩をわしに返そうとは思わんのか、えーどうなんや?

Posted by かんぽ at 2010年08月27日 09:32
いま読んでいる本は マイケルサンデル著 いまから「正義」の話をしよう。
著者は、ハーバード大の哲学教授でこの本は、同大学の哲学講義を書籍化したもの。
たとえばこんなことが書いてある、
船が遭難して、救命ボートに4人漂流していた、2ヶ月経っても救助されず、食料もなくこのままでは4人死ぬが、一人犠牲になれば、三人が喰いつなげ生き延びられる、そして負けた者が殺され、そして三人が生き延び救助された。
救助された三人は のちに訴追され有罪となったが。
四人が死ぬのか、あるいは一人が犠牲になって、三人が助かるのか?

一体何を以って正義と位置付けるのか? それぞれの人々の今の正義とは 一体何なのか?

こ〜んな もうからない本を読んでいますが、
今日東京拘置所の死刑執行室、ようするに絞首刑台が初めて報道陣に公開されたそうだ、法務大臣の意向によりこの公開で議論を高めたい由。
大臣の意見には異論があろうが、由も悪しも議論を高めることはいいことだ、
わしみたいに、死刑絶対廃止論者 人が人を殺めるなんてどんな場合でもあってはならないと思う。 また人によっては、刑として認めるが、執行をしなければよい、 あるいは 減刑のない終身刑とすればよい、 色々意見はある、アメリカみたいに州毎に刑が違う、、、 白熱した議論が欲しい。
そんなことも考えていると、正義の定義とは難しいものだ、 

ハヤテのように現れて、ハヤテのように去っていく、正義の味方月光仮面は、「私がやった、やった」とは決して言わない、正義とはそんなものなのかもしれない

あ〜あ、今日も暑いや
Posted by かんぽ at 2010年08月27日 13:33
素敵なお母様ですね!
お洒落な感じで、かんぽ様もなんだかお坊ちゃまに見えますよ!
お母様効果絶大!
以前かんぽ様親子で帰郷された時、お母様も一緒にお食事されてる写真ありませんでしたか?
あの時も素敵なお帽子かぶってらっしゃってハイカラさん!と思っていました。
私も30年後にあんなシャンと背筋伸ばした(姿勢ではなく生き方として)ハイカラなおばあちゃんになりたいものです。

今年もいよいよ私の大好きな梨の季節がやってきました!
先週さっそく呉羽まで買い出しに出かけましたが、やっぱりかなりの小ぶり!
甘さはまあまあ・・でも初物だから食べれて幸せです。
秋はやっぱり味覚の秋ですね!
Posted by まこ at 2010年08月27日 18:02
しっかし まこ姫さまのご記憶はすさまじいものがあります、そんな写真のっけたかなあと過去ログをたどったらあんりゃこれかこれと、、、
母の羽織っている、なんちゅうんですか、着物の上のコートみたいなやつ、いまだに色を覚えとります、ファッションにはうるさいようです、うちのかーちゃんが見立てて買っていっても、色形が気に食わないと一言 ここがこうだといい、とか この色は今の歳には合わないとか、、、
それをきいてかーちゃんも、これなら合うこれがいいとまた買って もっていく、、、 当たるとよかったよかったと二人でよろこんでいるが、
わしが思うのは、そんなもん自分で選べばいい余計なことをせん方が良いとかーちゃんに言う。
ばあさんは、もう何年も生きられん、服は捨てるほどあるからもう死ぬもんにおカネつかわれるなと言う。
だからわしはかーちゃんに、買うな買うなという、 そしたらこうだ。
ばーさんの あーだ、こーだ というのが健康に良いのだと、
黙っていると、百均で下着を買って、一回洗うとビロンビロンになると嘆いていたが、 一つ良いのを買えば長持ちするのは年寄りは百も承知、承知だが、 そんな年金を節約をして孫にどっさりお小遣いをくれる。
かーちゃんも ばあさんの趣味傾向が随分わかってきた、 いまだにこれは 合う、合わないと 帰省したら一日中二人でしゃべっている、、ばーさんが風邪をひいたら かーちゃんは真っ先に電話をかけ心配している、もはや実母は一昨年なくしているが、どっちが義母か実母か境目がないようだ、 社会とは一人で生きていくのはとてもつまらん、信頼し合う人が、人と人がかかわり合いもつ社会は うれしい

人間嫌いの、わしは 雨で自転車が濡れないことを願うばかりなんだが

幸水は、150円台になってから買い始めました、10月まではいけるでしょうか、東京の新高梨はでかいだけですが、長持ちするので年末まであるので梨好きとしては助かります。
あと、なんといっても柿です、和歌山、あたりの富有柿に始まり、いっちゃんいいのは福岡のパリンっという堅い富有柿です、福岡の富有柿は氷温真空にして、3月まででまわるので、 アタシの季節です。
この夏はよくオレンジを食べました、1個98円以下でないと買いません。 皮をそのままリンゴみたいに剥きます、そんでそのまま6等分ぐらいに切ってフォークでたべます、これ最高です。 中の薄皮は一緒に食べましょう、みかんのように内皮が厚くはありませんからそのままいけますし、繊維摂取にもなりOKです。
温室みかん? 高いもんはよう買いまへん。
Posted by かんぽ at 2010年08月27日 18:42
しげしげと写真を見ると子供の時にかわいらしいロシア人みたい。大人になったら別人28号。
おわも子供の時頭がよさそうに見られた苦い経験。

今年の呉羽梨は小ぶりで甘いが食べごたえがない。

かんぽやんは疲労が溜まっているから自転車は我慢したほうがいいような気がするが?
Posted by サイ at 2010年08月28日 08:50
おは
疲労はないがいけど、外は今日もあっつい
愚が大学院時代の竜馬狂いの歴女と何週間ぶりかの休日というので、駅に送ってくれといわれているがなんじゃらまだ起きてこない、きんのも0時やったから寝かしているがそろそろ起こすかな、早くでかけてくれんとわしがでれない、
今日はわし考えた、自転車でるとき、おにぎりに梅干し二個つめて昼飯にして持っていこうと思う、先ずちっちゃくにぎって海苔をまき、さらにご飯をつけたしてまた海苔を巻く二弾巻だ、わしもよう考えるわ、 この前寝てて思うたんや、ふりかけのかわりに胃薬と海苔玉ふりかけをまぜて新フリカケを作ってかければ、特許とれるんやないかと 風邪ひいている人には 風邪薬の粉漢方薬と海苔玉ふりかけをブレンドして作る、、、
、、、アホやな完璧。 残暑は脳も腐らすのか
Posted by かんぽ at 2010年08月28日 10:09
なぬ? サイちゃん御幼少の頃は、ハシカイと言われたがですかぁ、
わしは、まちごうてもハシカイとは ゆわれんだ、フランス人形みたいとは言われたんだが、やっぱりアホにしか見えんだがやろな

愚をさっき駅まで送り届け、そしたら帰りにブックオフで、セールをやっていて、新書が200円だと、 それで7冊こうてきた、あの菅首相の奥さんが書いた本も200円だ、やったー、
そんで帰ってきたらこんな時間、自転車は15時過ぎやな、 なんでかというと、
車の中にカバンを置いていったがです、そしてブックオフから帰って小銭入れをカバンに戻そうと思って、チャックを開けようとしたところが、ギャーー―やけどしそうで飛び上がった、 100度とはいわんが、驚いた、でも陰は涼しい、ははん、今日は湿度がないんやな、ということはやっぱ水分とらんとあかん、
TVでやっていた、脳梗塞は夏でもやばいと、つまり水分が減ると脳の血が滞って梗塞を起こす、だから熱中症はすぐ生理食塩水の点滴を行うと。

水を飲みたくなくてもたっぷり水分取ってから、自転車に乗るようにとわしも医者から指導あり、喉が渇いたと思ったらもう遅いのだと。

Posted by かんぽ at 2010年08月28日 12:47
今日もドラ子は朝帰り。
晩は涼しくなっておりエアコンも2時ごろに切れて窓を開けるが、そこから眠れない(早寝が原因)ラジオを聴きながら惰眠。

機能は0キロほど自転車でウロウロ、古城公園の白鳥も木陰に避難、黒鳥だけが優雅に泳いでいた。
昨日はペットボトル用に保温カバー袋を会社の車に忘れてしまった。この内側銀シートは結構効き目があります。
Posted by サイ at 2010年08月29日 06:33
おは
なあるほど、わしも実は保温カバーもっとった。
百均でこうたがかな、
最近500mlのペットボトルの形が色々あって、四角かったり、細かったり、それに半分のやつこうたりして、そしたら カバーに入らんだり、あるいは小さかったり、考えてみりゃ あれこうたり、これこうたり するわしのええかげんチョイス自体が罪ながですよね。 最近は ステンレス魔法瓶を使っていますが、カップホルダーに入りません、だからヘッドレストからひもでつるします、ペットボトルだと片手で運転しながら飲めるのですが、魔法瓶だと、ちぶたいのですが、蓋をあけて注いで、、、、これが片手じゃできない、どうしても車を止めてやらんとあかん、
しかし飲む時ぐらいは、車ぐらいとめろちゅうねんや!
そもそも、カップホルダー自体、もうちょっと深いもんで、保冷保温対応にしてくれりゃいい、車の中に放置したらお湯になったり、凍ったりせんようにしてくれんかな、 ん?自動車周辺機器メーカーには ええヒントなんやがな、わしを顧問にせんかなぁ

今日も朝から、ひどい日差しです
愚はバイトへ 日曜日やないの??
Posted by かんぽ at 2010年08月29日 09:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック