ブログパーツエステ

2010年08月17日

霊は心に

P8140438-RRR.jpg

P8150464-RRR.jpg P8160474-RRR.jpg

義甥の初盆に岩手へ
夏はちょうどウニの最盛期。 ウニと帆立のシコシコ丼を喰いに直行。
精進料理もへったくれもないフトドキ者。

下の絵、実家の裏が、すぐ漁港になっている、実家は 昔代々船主、福丸の屋号で、浜を仕切っていた。 かーちゃんの祖父は漁師の宿命、海難に散った。 次の代の義父は議員へ。 

次の絵は、途中の町 遠野で愚が河童と記念撮影 とっちがカッパやら、 遠野物語百年記念。

お盆は、先ず家の先祖の霊の墓参り、そして必ず地元の人は浜へ行き海で散った霊を必ず拝む。
富山人は嫌いだ!と 洗礼を浴びせた叔父は、実家の次にすぐ挨拶にいく
わしのこよなく尊敬する叔父、しかしもう75歳、それでも漁師を続ける、
アワビ、ウニ獲りの名人で地元では右に出る者がいない。
でも後継者がいない、かんぽ お前が後継者やれ!というが
わしももはや歳、耳が悪い上に心臓も悪い、いいわけあんまつしながら、
滞在中は毎日朝晩自宅へ訪問、さすがわ漁師だ、目が良い100mぐらい先から
歩いてくるわしを家で手招きしていた。

義兄が糖尿、A1Cヘモグロビン6.3%、、ほう優秀だ、
あわびの叔父が、 5.9% これまた優秀。
かんぽが、 6.4% 、、、いちばん成績悪し。
基準が5.8%だから、症状としては 三人ともかなり優秀 もうちょっとで
健常人だ。
義兄が、 叔父は薬を飲んで5.9%だから俺が一番だと吠える、
吠えた夜に 一升瓶抱えて呑みだす、つける薬がない。

実家には、義姪夫婦が娘ひなちゃんをつれてやってきていた、
ひなちゃんは5歳、わしはゲゲゲの歌を教えるが、義姪夫婦は小学校の先生だから唱歌が好きらしい、
相変わらず、女・子供を だかましている商売でわしは気に食わない、わしの口をふさごうと
盛んにビールをつぎに来るが、そうわイカの金たま、毒を吐いて説教したった。

かーちゃんが、お世話になった別の叔父の墓参りをしたことないと
叔父の墓探し、この炎天下だ、33℃、墓場だ まわりは影一つない、
二人でまわって、まわって、 探し当てた。 墓に水をかけ、
お線香と、ろうそく、、、叔父は漁師をしていたがなぜ市場で好きな
値段をつけられないのか疑問だと言い、東京の学校へ行き一流銀行に
入って役員まで勤めた、それでも墓は生まれ故郷がいいと岩手へ、、、。

人間の心とは不思議なもの、お墓参りしないと死んでも死にきれない
良かった、良かったと かーちゃんが喜ぶ。
わしは、横で、 死んだ者は灰になって何もわからない、
墓参りしても、千の風で そこにはいない、、、、とぶつぶつ、、。
それでも墓参りすることで、 生きている者の心の安堵が得られる
というのは不思議だ。
やっぱり 霊は心に生き続ける。
posted by ハラショークラブ事務局 at 15:11| 富山 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きんのは練馬で38℃だったとのこと、
今朝その練馬へ行ってきた、お客さんとこの
専務は、今日はたいしたことない、いっても34℃だとのこと、
34℃でたいしたことない?
なにがたいしたことないか、練馬の道路は、フライパン状態。
この前248円で濡らすと冷えるという首に巻く鉢巻きみたいなのを買いました、値段が値段なので、怪しい限りですが、なんだかポリマーとか入っていて何回も使えるらしい、、、んですが、かーちゃんが言うにはそんなもん首に巻きつけて突然心臓発作でも起こしたらどうするんじゃ?ということで、熱中症もやばいですが、突然ひんやりの心臓発作もやばい、、果たしていつ使うか考え中です 248円というのは難しいもんです。

最近はいつまでこの暑さが続くかということですが、少なくとも 9月の 暑さ寒さも彼岸までとしておきましょう。

予想通り景気減速してきました、4-6月の景気上向きは中国向けの輸出のおかげ、これが1ドル84-85円では輸出もオシャカ、民主党の景気対策は、まだなにひとつ具体策がでていません予算だけでめいっぱいのようです、どうしていいのかわからんのでしょうか? なにせ政権奪取したばかりで今まで文句さえ言っていればよかった、政策的なことはまだまだ脆弱です、しかし急いで北○鮮みたいに突然デノミをやって経済危機を招くことがないようにしてほっしいもんです。


Posted by かんぽ at 2010年08月18日 13:27
今日も酷暑でしたが、16時からとたんに雷雨になりました、
ところが、愚が本日昭和記念公園プールサイドで中継スタッフ、11時から参加して16時のフィニッシュ直前から雷雨で、大騒ぎ、メインパーソナリティもなにがなんだか茫然自失、なんだか愚の目の前の芝生に落雷したそうです、
まだ生きているそうです、ハイ
Posted by かんぽ at 2010年08月18日 16:33
江戸は猛暑がバージョンアップしてますね。
富山県は大体32〜34度と盆以降は少し暑さが和らいだ感じです。

ミチノクで涼しい思いしてたからシンドイでしょう。

明日は健康診断、真夏の健康診断は良いのか悪いのか?
Posted by サイ at 2010年08月18日 21:38
いいですねえ岩手。
行った事ないですけど、なんか癒されそうな感じがします。
叔父様はどうして富山人がきらいなんですか?
気になります。

お盆がすぎて、朝夕は少し涼しい風が吹くようになりましたが、
相変わらず日中は暑くてダルダルな毎日です。
このごろTVのCMで「にんにく○○」というのが気になって、あのCMソングの
♬朝は辛ーい、昼は眠い・・・♬
つい口ずさんでしまいます。
膝が痛いなあと思っている時には、グルコサミン関係のCMを見ると、試してみようか?と思ったり・・・
CMって上手く作ってありますよね!
Posted by まこ at 2010年08月19日 10:54
みちのくも 涼しい時もありましたが、昼間はほとんど東京と変わりなく 日本中どこにいっても暑いもんです。

きんのの我が村の雷雨は半端じゃなかった、
一旦やんだかと思ったらまた雷雨、
今朝は暑さが和らいでますが 陽がでてきたからこのぶんじゃまた30℃超えるような気がします。
わしは、愚の風邪をもらって、喉痛い、体もだるい、 今日はちょっこし安静してます。
土日は、またあっついから、ちょっと考えて、早朝の涼しいうちに1時間ほど走るかな、そうだ、朝はわし起きれねえんだ、、 根性がありません。よねずまのおわわも風邪だそうですが、わしよりは元気な様子
わしも年々、季節を乗り越えるのがしんどくなっています、

お盆旅行中に、終戦記念日が過ぎましたが、
今日のゲゲゲのドラマをみていて
ふと 思いだしたことがあるんですよ、
中学生の頃やったか、夏におやじに 仙台から一枚のハガキが届いたんですよ。
住所が、オヤジがガキんころ過ごした本家の住所で、もちろん本家は何十年も住所が変わらんかったのですが、
郵便屋さんは、本家の住所だったんですが、ちゃんと あらいべの我が家へ配達してくれました。
それが、おやじの戦友からで、昔の住所でとりあえず出してみようと出したら、 これがちゃんと届いた、、、
おやじは当時49-50歳ぐらいでしたので、30年ぶりぐらいの戦友とのコンタクトでした。 おやじの喜びようは大変でした。 なにせ生死をかけた戦友です。
そんなことを思い出しました、いまから思うとハガキが来たのが40数年前、しかも30年ぶりのハガキ、つまり60年以上たっても その一枚のハガキというものがいかに 重かったのかと思います、
そして、思うがです、土地は不動産といいますが、 動かないから 不動産です。 そこに相変わらず住み続けるというのは、やっぱとても大事なことやと思うがです。
死んだ祖父がゆうてました、土地とか家というのは、投資するためにつこうたらあかん、住むためだけに買うものだ、 土地は動かしたらあかん、そやから不動産ゆうがやと、、、。

たった、一枚のハガキ


Posted by かんぽ at 2010年08月19日 11:17
まこ姫さま こんにちは
叔父が富山県人を嫌いなのは こういうことです。

昔かーちゃんの親戚で大宴会していて、クンズホグレツ! 酒豪揃いです、
そのうち、叔父が、 おいかんぽ! おまえはどこの出だ?と、、、
わし はい、富山です、
おじ なに? 富山だと?
   俺は富山県人は嫌いだ!
わし わなわな(泣きそうになる)
おじ だいたいだ、 おらとこの漁業組合長は
   富山県人だ、幹部もみんな富山県人だ、
   大事なことは富山県人でみんな決める
   富山県人は気に食わねえ
わし 気絶

と、まあこんなとこです、岩手の漁港は ところどころ富山県人が進出していて、当時の我が方の漁港の組合長も、辣腕の名物組合長で数々の改革を遂げ、大変なたよりになる組合長でありましたが、それだけ組合員も大変な思いをしたわけです、大嫌い!ということは実は大好きの裏腹でした。 組合長というものは、組合員が推して決めるものだものねぇ、 しかしまあ、富山県人が岩手の海に来て我がものにするというのも腹の中ではやはり面白くはなかったのでしょう。
叔父は一人娘は千葉にお嫁に行き、いま老夫婦だけ、亡くなった甥をよく面倒みてくれました、滞在中はわしは毎日朝晩おじの家へあいさつに、玄関からなんか入りません、縁側の網戸を開けて勝手に入っていくんだわ、そういう信頼関係の人間社会ゆうのは一番大事なんだといつも思い知らされるんだわ。

富山の漁師は 岩手だけでなく宮城にもたくさん富山船籍の漁船が係留されています。
昔は根室釧路でサケマス漁に集結した船もほとんど富山の船でした。

日本の遠洋漁業の師、高岡の荻布宗四郎が育てた漁師たちの種が全国で活躍しています。
----------
夏のだるさをとるには、風呂に入ったあと、冷えたシャワーを浴び、それを2−3回繰り返すとからだの血のめぐりが活性化して良く眠れるようになるとこと。

うちのかーちゃんも、ホームドクターに、にんにく卵○ どうでしょうかと聞いたら、食事にニンニクや卵をたまに取り入れればいいんであって、
毎日サプリメントで恒常的にとったりすると、コレステロールが溜まりますと、、、、
コンドロイチン、高いですよね、でも効くんですかね、周りに効いたという話は聞いたことないですが、まあコンドロの原料は、エビカニの殻の粉です。 よく北海道でカニの殻が山になっていてハエがたかっていました、それをゴミの車みたいなのがきてミニブルでガガ―って積んで持っていきました、それを粉にして業者が買うとかいっていました、できた粉は、上中下ランクがあり、
下らんくはファン○ルとかD○Cとか買っていました。
まあ、食事をバランスよくとればサプリメントはいらんのだけど。 難しいとこやね。
うちのかーちゃんも、墓地にいくのに結構階段があって、ヒザガ痛いといい、松明しはいきませんでした。 うちのよねずまのばーはんは、コンドロイチンも飲んだことはありますが、結局骨粗鬆症の医者の薬を何年も飲み続けたのと、毎日の散歩で、膝の痛みはなくなりましたよ。

Posted by かんぽ at 2010年08月19日 13:21
本日、会社の健康診断に行ってきました。昨夜は発泡酒を我慢してアルコール0を飲んで誤魔化しました。やっぱ、アル中華?
車の運転が長いと降りるとき膝がガクガクとコンドロイチン不足。世田谷生まれのコンドロイチン♪ バリウムが出ない。
肺活量まで図られて医者(ちょっと胡散臭い医者もどき)に3100と正常です。そのあと年齢的に75歳と言われショック。

運動不足をシミジミ感じました。

まこさんはガーデンと農園で運動はたっぷりでしょう。
Posted by サイ at 2010年08月19日 20:52
わしなんか、多分年齢58歳そうとうで、あと1年とかいわれるんでしょうなぁ
わしも岩手の途中、SAで休む時はいつも膝ガクガクでした、やっぱこれは歳ながですかねぇ、
サイちゃん、そろそろバリウムでとるころでしょうか、炭酸をガバガバ飲めばでるちゃ、

そういえば、森光子は、毎日スクワット100回やっているとか以前言っていました、100回?化けもんやわ、 やり過ぎです朝晩、15回ずつ計30回でええと思います。 先週は岩手まで車で往復1300km、もう何回もいけまへん、そうやって段々歳とるがでしょうか、

夏もあと少し、夏が終わると一気に秋から冬へ、
いまのうちに夏を堪能、とりあえず土曜日は、、、、やっぱ自転車しかありめへん
とりあえず相模湖のマウンテンバイクコース、
来年夏は野沢温泉のマウンテンバイクコースや
目標だけは、いつも掲げるがですけどいつも実行が
ともないまへん


Posted by かんぽ at 2010年08月19日 22:26
いくら健康に気を付けていても家族同士の風邪の感染を防ぐのは
至難の業です
わしも愚もなかなか風邪が治りません。
なんとよねずまに電話したらばーちゃんも風邪で、具合悪そう、サイちゃんにお願いして薬を届けてもらいました。m(_ _)m

冬でもたいした風邪もひかんだがに、とんだ酷暑のツケです。

江戸は曇り、でも日中32℃いくそうです。
 
Posted by かんぽ at 2010年08月20日 10:01
今日はこっちも真夏カムバックです!
毎朝7時半頃に庭の水やりするんですが、すでに花がぐったり・・
室内はエアコンなしで28度でそれほどでもないのに、外はなんだか別世界にようにじとーっと暑い!
湿度計見たらなんと!湿度67%!!
やっぱり湿度高いとそれほどの温度でなくても暑く感じるんでしょうか?
それでも確実に秋は近づいてきているんでしょうね。
秋がきたらあっという間に冬ですよ!
そう思うとなんだか名残の夏が愛おしいです。
Posted by まこ at 2010年08月20日 16:19
さんまが不漁です、
通常さんまは、7月頃 根室で獲れ始め
それから徐々に南下 8月には 三陸沖
その後、宮城沖〜 銚子が丁度秋です、
そのごさらに 南下、紀伊半島 三重では11月の漁になります、 ようするに海水温が低下すると同時にさんまも段々南下するわけです。

今時分は、さんまは三陸沖で漁をしているはずですが、それが今年は 海水温が暖かく全く獲れません、
じゃ、さんまは どこにいるかというと、現在千島沖におり、まだ北海道、三陸沿岸の海水温が暖かく、さんまは南下できずに千島沖を回遊しています、
漁師にとっては大打撃です、こんなことでは、11月に獲れるべきさんまが紀伊半島でとれないので、紀伊半島名物のさんま寿司は今年は食べられないのでしょうか?
そんなことで、かんぽの話題は天気、生死、自転車、食料、相変わらず単純です。

今日医者はんにいって、なんで風邪になると喉が痛いのか?と問い詰めたら、冷房付けると部屋が乾燥するので、菌が飛びやすい、飛びやすいから喉から入る、と、そういえばそうだな、聞くわしがアホやった、
だからまあ、うがいをしょっちゅうするか、あるいはマスクをするか、はたまた飴かチューインガムをかむか、まず喉を乾燥させないことが大事なんだそうです。
しかし、猛暑の炎天下、 マスクなんかしてあるけるか?と思いましたが、 かいどをみていると、ちらほらマスクをしてあるいている方々がおりました、しかし、しかし ねえ、パンツははいてもマスクは ようでけしません
Posted by かんぽ at 2010年08月20日 22:34
確かに、エアコンで乾燥が風邪の細菌を飛ばすがかね?

我が家は誰も風邪は引いていないが夏バテ。
ロシア・モスクワでは泥炭の火事でマスクをつけてますが。

しかし、女性は熱いがに化粧にスカートの下に安来節みたいな股引はいて熱そう。おわっちゃ年寄りには変な恰好に見える。
Posted by サイ at 2010年08月21日 06:16
おはよさんま
何?スカートの下に股引き?そらあかん、あかん
このあっついがに 何もつけん方がいい、大体昔は着物の下はスッポンポンやったそうや、 なんでやろ?江戸時代とかパンツなかったからか?

サイちゃんとこは夏風邪なしながか、そらやんばいやな、しかしわしも夏風邪なんか久しぶりやぞ、愚や、愚がバイト先でもろうてきたんや、いつもそうや、サンリオのがきんちょ相手にしとるさかい、今日もバイトらしい、明日はラジオ中継隊とか、そやからどっかで風邪を拾ってくるんや、バイ菌のかたまりや。 おわは、心臓疾患ながに、バイ菌はあかんで。

先日練馬に行った話をしましたが、
昔ロシアシベリアで慈善事業した話がたまたまでて思い出し泣きしました。ここでも一部書いたことありますが、義足を作った話です、

患者の中に、両足を無くした20ぐらいの女の子がいて、その子は十代の頃自殺を図り鉄道に飛び込み、それが両足を轢かれて切断。神様のおかげでどうにか命はたすかりました。
それで、それからが大変、両足がなく、車いすもないものですから 板の裏にキャスター(車)を打ちつけ その上に座って棒きれで押して移動していました。 その後車いすを親が買い与え暮らしていました。 そこへ我々が行って義足を提供したわけです、企画から1年仕事でした。
女の子に両足義足を作り、装着し平行棒で歩行訓練していた時、部屋の入り口のかげで父親がハンケチをもって涙をぬぐっていました。自殺しようとして両足を失った娘が両足で歩いていると、次から次と出てくる涙をぬぐってうれし泣きしていました。手にもったハンケチは雑巾みたいになっていました。

こんなことばっかしてきたから、わしはあかんのですこんなことじゃ飯はくえんのですが、しかたないです わしの生き方です。

Posted by かんぽ at 2010年08月21日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック