ブログパーツエステ

2010年07月28日

先人の足跡

DSC08709-1-RRR.jpg

DSC08606-1.JPG  DSC08710-1-RRR.jpg

これは、4年前のサハリン州ユジノサハリンスク市(旧豊原)。
メイン画像が、現在の郷土史博物館で、戦前は 日本政府樺太庁舎で
今の県庁舎にあたります、すべての居住者の戸籍もここで管理されていました。
仕事の行き来で玄関前の道路から撮ったので、全景がおさまりません
でした。 下段が庁舎の玄関先です、当時のまま保管されていますので
戦前おられたかたなら脳裏にやきついているはずです。

灯台は以前載せました、日本が建設した灯台です、間宮海峡を行き来
する船の安全を守りました、70年近くたっていますが、現在も
バリバリ現役です、手前の建物以外はすべて70年前の稼働時そのままです
居住宅も当時そのまま、五右衛門風呂もそのままつかえます。
まるで映画のセットのようで、タイムスリップしたようでした。
手で触れると70年前の生活が聞こえるようでした。

先人の足跡は鮮明でした、間もなく終戦65年です。

posted by ハラショークラブ事務局 at 12:29| 富山 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

白木ヶ峰

s-P7241010.jpg

s-P7240998.jpg  s-P7240999.jpg  s-P7241000.jpg

s-P7241001.jpg  P7241004.JPG  s-P7241011.jpg

s-P7241008.jpg

今日、飛騨白木ヶ峰に行ってきました。
いやぁ、疲れた。
しかし、自転車を少ししていたから何とか登れたのか。
ニッコウキスゲは遅くてまばらに咲いていました。
10時から登山口を登ったのだが いきなりの急坂でゼイゼイ。
11時半ごろに頂上付近に着き周辺を木道伝いにウロウロ。
会う人に聞いたら昨年は特別にすごい花だらけだったとか。

携帯電話の万歩計は1万1300歩と記録。

あまりいいショットは無いのですが取り合えず。

大長谷温泉は掛け流しのいいお湯でした。

   〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 21:18| 富山 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

鳥羽にて

s-omina-toba14-jul-2010.jpg

7月14日に行った 鳥羽(とば)の港ですカメラ

すてきでしょ るんるんぴかぴか(新しい)

  〜 オミナ 揺れるハート 〜



posted by ハラショークラブ事務局 at 15:45| 富山 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

蛙も日陰

s-100719_102650.jpg

今、イチと十二町潟。蓮の葉影に蛙。

暑さに耐える、小さい命をみました。

湖面を過ぎる風が最高。

  〜 サイ わーい(嬉しい顔) 〜

posted by ハラショークラブ事務局 at 10:55| 富山 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

兄と

IMG_0001-RRR.jpg

かんぽの過去帳が続き申し訳ありません。
昭和31年当時です、3歳そこそこ、兄は9歳で、小4ですかね
大好きな兄とのショットです。
ところは、母親の実家の表庭です。 母の父でわしの祖父が引いた
高岡〜富山の地鉄電車に乗って布目で降りて行きました。
当時祖父はまだ若く、電車の敷設、立山のケーブル敷設に地鉄の
取締役技術部長で辣腕をふるっていました。 庄川の鉄橋の橋脚
の建設には、川の流れが速く苦労した話を祖父からよく聞かされました。
わしは兄とは6つも違うので、兄はいつも弟 想いでよくかわいがってくれ
優しい兄でした。 兄もまた祖父を尊敬していて、大学時代祖父の介添え役
をして立山に登り帰ってきた兄から話を聞いたら、立山開発をした祖父の
偉大さに驚いたと話を聞かせてくれました。 祖父もまた、立山に
同行した わしの兄は優しい男だとほめていました。
そんなわしら兄弟はいつも母親から実家の祖父のうしろ姿を小さい時から
教えられました。 母はよねずまに嫁に来ると決めたのは 父親(祖父)
が間違いないと言った言葉が決め手だっだそうで、母もまた父親
(祖父)をこよなく尊敬していました。
母は7人兄弟でしたが、祖父が旅立つ時は、母だけが病床で祖父の
ひげを剃って送ってあげていました、母もまた父親がとても好きでした。
posted by ハラショークラブ事務局 at 01:13| 富山 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

慈光

P7100289-RRR.jpg

この梅雨の豪雨が気になって、突然なにを思い立ったのか 小矢部川の
増水を調査しに行こうと思って二上山へ急いだ、
小矢部の蛇行はまだ平然悠々としていたが、高岡インターのあたりか がけ崩れ
だったのかブルーシートが掛けてあった(写真右)。 よねずまの畑はまだ水がきておらず
しのげている様子。 それにしてもしったるこかった。

P7100294-RRR.jpg  P7100296-RRR.jpg  P7100277-RRR.jpg

山頂の「慈光」と揮毫してある観音さまは、濛々とした雲を背に一層荘厳さを増していた、
同行のイチっつあん は、どこかこの観音さま、将軍さまに似ていると、、、、
ったく喜び組も焼きが回ってきたか、、、
サイちゃんは、そんな低次元の話しは避けて、履いているつっかけの話に、
イチ!おみゃあのつっかけは、鼻緒がないからじんだはんに叱られると、、
わしは、それをきいて、 車の中では裸足でブレーキ踏んどらいいがじゃと
これまた 一層次元の低い話し、 わしは自転車用ビンディングシューズこそ
履いてはおらんかったが、なんでか 自転車用アームカバーをしたまま
頭に 「狂」が付くとののしられながら、小矢部の蛇行は わしの
冠状動脈みたいだと 思う始末でした。

posted by ハラショークラブ事務局 at 12:24| 富山 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

七夕さらさら

2010-07-07_-RRR.jpg

それでいい歳こいて毎年七夕、梅雨の晴れ間とはいきません、
花壇に水入りのペットボトルを植えこんでさしてはみたものの
やはり雨に打たれたので、今年は玄関先に移動して雨音を聞きながら
サイちゃんの世界平和も届くようにと、
七夕さらさら〜♪

posted by ハラショークラブ事務局 at 00:49| 富山 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

今年もゲリラ豪雨

2010-07-05_18_03_00-RRR.jpg

このところ2-3年、ゲリラ豪雨が続いている。
昨晩18時頃、また東京名物「突然のゲリラ豪雨」、このとき68mm/hの雨。
こういうときにローカルのFM局がチカラを発揮するんだが、いかんせん 
車の天井をたたきつける雨音でラジオも全く聞こえない それどころか
前がみえなくなってくる 
見ての通り車のフロントガラスに降った雨粒も半端じゃなくでかい。

なぜか高村光太郎の 道程「僕の前に道はない  僕の後ろに道は出来る、、、」
を思い出すが、写真は ちょっとした弱雨の時に撮ったんで道はみえてますが、
実は後ろも前も道はほとんど見えなかったのだ。

午後関東北部はまた大雨という、そうこう言っているうちに7月末には36度とかになる。

今年は朝顔の苗でも植えてみるか
posted by ハラショークラブ事務局 at 10:22| 富山 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

看板で〜す

nemuroshokudo.jpg


先日渋谷に行ったときに見つけた居酒屋の看板、
これだけインパクトがあればサラリーマンが入るやろな、
しかももとでがかからない看板、 看板一つで客の入り
も大きく左右する、今の客もハシカイ、羊頭狗肉には
だまされない、新鮮なものを安く提供していかなければ
生き残れない。


posted by ハラショークラブ事務局 at 21:09| 富山 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする